*⁂*serori’s blog*⁂*

\\美容師による美容と雑多な研究ブログ//

キャバクラのヘアセット(ヘアメ)という仕事の裏事情、公開

time 2017/11/12

キャバクラのヘアセット(ヘアメ)という仕事の裏事情、公開

美容業のなかでも裏方中の裏方といえる、キャバクラ嬢のナイトセット(=ヘアメイク)という仕事についてご紹介します。

自分が1年弱実際にやってみての体験談になりますが、、、「仕事としておすすめできない」という理由がメインになりますのでご理解のある方のみ、読み進めてください。

美容師の副業として、学生のお小遣い稼ぎとして…興味はあるけど、実際現場はどんな雰囲気なんだろう?怖いのかなー?という方の参考になればと思います。

※専門のヘアセットサロンではなく、店舗に直接出向いてセットするヘアメイクについての記事です。

おおまかな業務の流れ

🎀出勤したらボーイに案内してもらい施術を行う場所につきます。

🎀ヘアアイロンなどをコンセントにつないで温め、ピンやスプレーなどを並べたら準備完了です。このとき足りてないものがあればボーイに伝えて対処します。

自分で持参するのは、タオル、ダックカール、コームのみで大抵OKです。

1人の現場が多いですが大きい店は2人体制のところもあるようです。

🎀一時間単位でだいたいキャストが出勤してくるので数名ずつ10分~15分くらいでセットしていきます。
施術時の詳細は次の項目で触れていきますね。

場内が混み出すとヘアメイクに回せなくなるのでこちらはひたすら待機になります。

私の印象では仕事の半分は待機です。

早くあげても次の子が出勤してくるまでは仕事がないので…。

待機中はゲームしたり本読んだりとまぁまぁ自由に過ごせます。

雇用形態によって終わり次第上がれるのか、時間いっぱい待機するのかは変わってきます。女の子の出勤状況や場内の状況に左右されるので時間きっちりに上がれないことも多いです。

🎀日当の場合は終わり次第片付け、領収書に名前を書いて給与を手渡しでもらい業務終了です!

キャストのヘアメイク

キャストの接客

ひとりあたり10~15分と紹介しましたが、もちろん早いに越したことはないです。
人気で指名客が待っているキャストなら尚更。あまりゆっくりやってるとボーイから「まだですか?」と急かされることもあります。

女の子は喋りたい子もいれば、ひたすら携帯をいじってて何も話さない子もいますし(ベテランほどこういう子の方が多い印象)、ボーイやキャストとずっと話してる子、酔っ払ってて挙動が意味不明な子や、トラブルがあって明らかに機嫌の悪い子まで様々です。

地域によってキャストの年齢層や雰囲気も大きく変わります。

18~40歳くらいまででしょうか。

個人的な意見ですが派遣のキャストが多く在籍しているお店が比較的楽な印象です。こればかりは行ってみないとわからないですが…。

日中は普通の仕事をしていてWワークの方などは派手な髪型を求めないですし、感覚も一般的なので比較的安心して施術できます。

求められる髪型

最近はあまり盛り髪など、逆毛をたてるような髪型にする人はいなくなったのでダウンスタイル(巻くだけ、ミックスや波巻き等)がかなり多いです。

巻いてハードスプレー、終了。

正直ヘアメイクいらないのでは…と思うほど。

まとめ髪でも、結婚式のパーティセットまではいかないくらいの顔周りだけ編み込み、片サイド寄せ、ハーフアップ、など簡単なスタイルが多いです。

銀座や歌舞伎町など提携のヘアセットサロンがらあるような本格派のところではもう少しかっちりやっているかと思いますが、街のキャバクラ事情としてはそこまで作り込まない感じが主流になりつつあります。

ただお店の事情としてヘアメイク代をキャストから引いた方がが採算がとれるのか、ショートでヘアメイクが必要なさそうな子も強制的にやらされている…というシーンはよく見かけましたね。

最近のスタイルだと、美容師の副業としては物足りないというか…美容師の無駄遣い?!というのが率直な感想です。

スペースが異様に狭い

だいたいのお店がヘアメイクをやるスペースが異様に狭いし汚いです。女の子に回転してもらわないと左右に周り込めないので施術できないこともしばしば。

↑〇ここはワゴンも個室もあってかなり綺麗でした!

↑✕道具がこれしかない上に、フロアの真ん中にカーテンで仕切って待機している嬢の中央てやらされた例。

ときには外の階段に鏡を置いて延長コードをひっぱってきて…という現場もありました。
冬場は特に大変です。キャストも露出の多いドレスなのでベンチコートをはおって、私もマフラーを巻いたまま施術…待機は凍える…というなかなかひもじい環境でした(笑)

8割汚くて狭い、という印象。

電波が悪いこともあるので(今時そんなことあるの!?と思いますが)、私は待機用に本も持参したりしてました…。

男女比

おそらく女性の方が多いと思います。
というのも男性だとキャストがNGを出すケースもあるみたいです。なので男性でこの仕事をする場合はよりいっそう強いメンタルが求められるでしょう…。

知人の男性美容師でナイトセットをされてた方は

「胃に穴があいた」

と言っていました…。

極端な例かもしれませんが。

楽しくできれば、狭い空間で、露出したドレスの可愛いキャスト全員の髪を触りながらおしゃべりできる!それでいて報酬がもらえる!夢のようなお仕事!?

とも思いますが…

それでウハウハする雄々しい人はNGを出されてしまうかもしれません。

給与•時給

だいたいの目安ですが

時給◆1500円~2000円

勤務時間◆2~4時間
(19時〜24時の間)

日当◆3000円~7000円

あたりが相場ですね。

日当7000円ぐらい出るお店はそれなりのものを求められる、クオリティや早さが重視される店舗の可能性が高いです。

交通費は基本支給されません。

全然稼げない😢

というのが結論です。

が副業として、プラスアルファのお小遣い稼ぎとして…
光熱費ひとつぐらいなら払えそうな額、
飲み会一回分くらいの額。
が手軽に手渡しでもらえるな…くらいの感覚でやっていました。

可能であればキャバ嬢をやった方が手早く稼げるので本気で金銭目的であればそちらをお勧めしたいです。

時給も2500円〜3500円ほどで三時間保証くらいはついていますし、暇でも約1万円弱くらいは持って帰れます。

なので多少体力に自信のある方ならヘアメをやるくらいならキャストをやった方が確実に効率的ですよ。

そう考えるようになった理由を次の項目で少し掘り下げてみます。

お店での立ち位置

私は紹介で始めたのですが、

◆店専属

◆事務所で登録して色々なところに派遣される

という2パターンがあります。

専属でいい条件であればそちら方が時間の融通もきいて、ボーイやキャストと顔馴染みになれば働きやすさもでてきます。給与が手渡し即金でもらえるところも多いです。

ですが個人交渉でいい条件まで持っていくのは若い女性には難しいという側面も…。

そうなると給与面は派遣を通した方がしっかり保証されるでしょう。

ただ派遣事務所も店とこちらのトラブルにはノータッチです。自己責任でお願いしますという紙を契約時に書かされます。何かあったときに頼れるところではないので専属と基本的には大差ありません。

先ほどまで説明してきた通り、そこまで技術を求められない、ストレスの割にはキャバ嬢の半分くらいの給与しか支給されないヘアメイクがお店でどういった立ち位置になるとかというと…

カースト最下位です❌

ボーイからの扱いがとにかく雑な店が多い!

キャストにはテンションあげて一生懸命ご機嫌とっているのでそのコントラストに驚きます。

ゴミを見るような目、、という表現が的確です。

なんで美容資格も持ってて副業できてるのにこんな瑣末な扱いを受けなければいけないのか!?と悲しい気持ちになりました。…

派遣なんかは毎日、日替わりでくる捨て駒のような感覚になってしまうのかもしれません。

そういった点でも、金銭目的であればキャストをやった方がそれだけで扱いも給与もガラリと変わるので効率的だと思います。

程度の差はありますが、ボーイがヘアメイクに親切なお店は2割くらいといった印象です。

ですので、かなり割り切って仕事をする感じになります。
目から光を失いかけます(笑)

もしスキルアップ目的などで始めようとしている方がいるなら絶対おすすめしません。

私自身の実感としては、こてで髪を巻くのが多少早くなったこととストレス耐性がついたくらいです。

誰が向いているのか?

ここまで書いてくるとキャバ嬢斡旋記事のようですが…夜のお仕事に抵抗がある方も多いはず。

私自身そういった職種に抵抗があってヘアメイクをやっていた部分もあります。

美容業だけでお金を稼ごう!と。

ですが働いているうちに上に書いてきたような矛盾を多く感じ、結果身を引きました。

振り返ってみると、頑張ってる自分に酔っていただけ?

19時からなどが多いので、時間的には学生がベストですね。ただ貴重な青春の無駄遣いになりかねないのでやはりおすすめはできません。(笑)

個人的な感想

〇慣れれば楽だが稼げない

〇得るものが少なすぎる上に尊厳もなく孤独

◯つまりハイリスクローリターン

〇興味本位で足を突っ込まない方がいい

〇根本的に副業でこの仕事に頼らざるを得なくなるような本職や私生活を見直した方がいい

誰にでもできる仕事でないことが、必ずしも価値があるとは限らないのかもしれません。

ここまでの内容はあくまでも自分の体験に基づく完全に個人的な意見です。

もし現在やられていて不快に感じる方がいたら申し訳ありません。

やりがいのある充実した現場もあるのかもしれませんし、やってみないとわからない部分もたくさんあると思います。

私自身はもう今後やることはないと思うので、2017年現在のヘアメ事情について詳しくご紹介してきました。

業界に改善の課題ありありなグレーな世界なのでした…😅

追記⭐︎キャバクラヘアセットに必要な5種の神器も公開しています!

serori

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA